MAC対応のセキュリティソフトを比較

MACもウイルス対策ソフトで守ろう!

MACにはセキュリティソフトが必要ないと思っていませんか?それはとんでもない勘違いです。確かに世の中に存在する多くのウイルスはWindowsをターゲットにしています。でもそれはユーザー数が多いからです。

 

事実、iPhoneやAndroidが普及してからは、スマートフォンをターゲットにしたウイルスが爆発的に増加しました。そしてiPhoneをより便利に使うためにMACを購入する日本人が近年増えてきています。

 

MACを狙ったウイルスが増加!

もうお分かりですよね?今はMACを狙ったウイルスが増えているのです。だからMACにもセキュリティソフトをインストールしておかないと、個人情報が読み取られたり、ログインのアカウント情報が盗まれたりする危険性があります。

 

私自身、この文章はMacBookAirで書いています。MacBookAirやMacBookProは外で使う人も多いでしょう。私は今、イーモバイルで接続しています。モバイル回線は有線に比べると危険で、どこから不正パケットが送られてくるかわかりません。モバイルルーターなんて丸裸同然です。

 

だから侵入されないためにMacBookにセキュリティソフトを入れて、守るのは当然の行為なのです。そこで2013年人気のMAC用セキュリティソフトを比較してみます。

 

おすすめのMAC対応セキュリティソフト

ウイルスバスター for MAC
ウイルスバスタークラウドを購入するとウイルスバスター for MACが一緒についてきます。1ライセンスで3台までインストール可能です。もちろん、「Windows、Windows、MAC」という組み合わせでも大丈夫です。

 

つまりBookcampでWindowsも使っている方は、これだけで両方のOSを守れるのでお得です。ダウンロード3年版のコスパが良いですね。30日間無料で試せるので、性能を確認してみてください。

 

ウイルスバスター for Mac

 

ノートン360 マルチデバイス
ノートンにも複数の機器に対応したセキュリティソフトがあります。Windows、MAC、スマートフォンなど様々な機器に利用できます。こちらも1ライセンスで3台まで使えるので、Windowsパソコン、MacBookAir、iPhoneなんて組み合わせがおすすめです。

 

ウイルスバスターと比較すると、ノートンのほうが価格が安いですね。3000円くらい差があるみたいです。ちなみに、MACだけで利用したい場合はノートン インターネットセキュリティ Mac版が激安なのでおすすめです。