マカフィートータルプロテクションを無料ダウンロード

トータルプロテクションとインターネットセキュリティの比較

マカフィーは個人向けセキュリティソフトとしてマカフィートータルプロテクションとマカフィーインターネットセキュリティを販売しています。それぞれ機能や価格にどんな違いがあるのでしょうか。

 

共通点

まず、どちらも3年版が圧倒的にお得だという特徴があります。マカフィー3年版は3台までインストールでき、ダウンロードすると30日間も無料で使うことができます。

 

対応OSはWindows XP以上です。もちろん最新のWindows8にも対応しています。また、ウイルススキャンのエンジンが非常に優秀で、ウイルスチェック中も他の作業の邪魔になることがないほど軽いですね。

 

最近気になるのはフィッシング詐欺対策です。マカフィーはすべての製品にサイトアドバイザーという機能を搭載し、メールやSNS、インスタントメッセージで送られてきたURLを自動的にチェックし、フィッシング詐欺のサイトをブロックしてくれます。

 

個人的に嬉しいのがゲームモードです。パソコンでゲームをプレイしている最中は絶対に重くなって欲しくありません。そんな時、マカフィーのゲームモードをONにするとスキャンなどパソコンの処理に影響を与える処理をやらないでくれます。

 

マカフィートータルプロテクション

マカフィートータルプロテクションにだけ搭載されている機能として注目したいのが家族の保護です。子供にパソコンを与えた時、心配になるのが「変なサイトにアクセスしていないか」です。

 

子供がインターネットと通じてどんなことをしているかを監視しながら、危険なサイトにアクセスしないようにしっかり管理できます。年齢を設定し、管理の強さを調節することも可能です。

 

さらに最近はノートパソコンを無線LANでインターネットに接続している人が増えています。でも無線LANは傍受されて、不正侵入される危険性があります。そんな不正アクセスを素早く検知し、侵入を確実に防いでくれます。

 

マカフィーインターネットセキュリティとの比較

マカフィーインターネットセキュリティには上記の機能がないので、無線LANを使わずに個人だけで使用する方におすすめです。

 

ただ、価格には大きな差がありません。トータルプロテクション3年版が12564円、インターネットセキュリティ3年版が12128円です。機能と価格のコスパを比較してみると、やはりトータルプロテクションのほうが圧倒的にお得です。

 

どちらも30日間は無料で使えるのですから、最初はマカフィートータルプロテクションをダウンロードしてみて、使用感をチェックしてみてください。ただし、キャンペーン期間を過ぎると値上げする可能性があります。最新の料金は公式サイトで確認してください。

 

マカフィーの詳細はこちら

 

マカフィー・ストア